社会

花の甘い香りを間近で - 五條・金剛寺のオオヤマレンゲ

関連ワード:

見ごろを迎えているオオヤマレンゲ=五條市野原西3の金剛寺

 五條市野原西3丁目の金剛寺のボタン園で、オオヤマレンゲが見ごろを迎えている。

 

 オオヤマレンゲは吉野の大峰山系に自生し、花の形がハスに似ていることが名前の由来。同寺では先代住職が鑑賞用の約15本を園内に植栽した。今では2メートルを超えるそれぞれの木に数十の白い花やつぼみが見られ、甘い香りを漂わせている。 

 

 同園ではこのほか、オオヤマレンゲと同品種で八重咲きのミチコレンゲ、エニシダ、ヤブデマリなども見ごろ。藤原覚盛住職(68)は「20日ごろまで開園予定なので、メロンのような甘い香りを楽しめるオオヤマレンゲなどを近くで見てほしい」と話している。

 

 同園開園時期は拝観料350円、駐車料300円。午前8時30分から午後5時開園。無休。問い合わせは同寺、電話0747(23)2185。

「季節の話題」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ