政治

奈良市新斎苑きょう25日に落成式 4月1日から稼働

関連ワード:

完成した「奈良市斎苑 旅立ちの杜」=24日、奈良市横井町

別の写真を見る

 奈良市横井町の大和青垣国定公園内に完成した市の新斎苑(火葬場)施設「市斎苑 旅立ちの杜(もり)」はきょう25日、落成式典が挙行される。現在の市営東山霊苑火葬場は大正5年に旧東市村から引き継がれたもので、移転は106年ぶり。24日、施設内部が報道陣に公開された。新斎苑は来月1日から稼働し、火葬業務は市直営から指定管理に代わり民間会社「まほろばの杜」に管理運営委託される。

 

 新斎苑は約5ヘクタールの敷地に建てられた鉄筋コンクリート造り(一部鉄骨造)2階建てで、延べ床面積約4700平方メートル。火葬炉は現在の火葬場の8炉から12炉(うち動物炉1基)に増設され、これまでなかった個室の告別式兼収骨室(6室)や、無料で利用できる待合ホール(25~90人程度収容)、キッズルームを完備。遺族同士が1カ所に集中したり混雑しないよう動線が整備され、プライバシーへの配慮が工夫されている。

この記事の残り文字数:594文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「奈良市」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ