社会

菓子で詐欺防止啓発 西和署と日進堂製菓がパッケージで連携

関連ワード:

パッケージに被害防止啓発メッセージを掲載した「粟おこし」を紹介する吉村副署長(右)と木谷専務=8日、王寺町葛下の西和署

 西和署(山田正人署長)は8日、防犯CSR活動に取り組む地元企業「日進堂製菓」=平群町上庄=と連携して製作した、商品パッケージに特殊詐欺被害・交通事故防止を呼び掛ける啓発メッセージを掲載した商品「~『粟(あわ)』てず、警察に『おこし』ください~」を発表した。

 

 商品の中身は同社看板商品の「粟おこし」。パッケージには「特殊詐欺を疑って」「合図して譲ってもらって笑顔でお礼」などのメッセージがプリントされている。初回は1000個製作し、認知機能検査を受検する高齢者を中心に配布する。

この記事の残り文字数:280文字

この記事は社会ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「防犯・交通安全」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ