歴史文化

柴燈大護摩供養見守り 喜光寺で行基会大祭

関連ワード:

境内で営まれた、柴燈大護摩供養=2日、奈良市菅原町の喜光寺

 奈良市菅原町の喜光寺(山田法胤住職)で2日、寺の開祖で奈良時代の高僧・行基(668~749)をしのぶ行基会大祭が営まれた。遠忌法要や山田住職の記念法話、柴燈(さいとう)大護摩供などが行われた。

 

 行基は真心から人びとを思い、悲しみや苦しみを癒やしたと伝わる僧。畿内を中心に多くの寺院を建てて仏教の民間布教と民衆救済に取り組んだほか、貯水池や道路、橋の建設などの社会基盤整備に尽力。東大寺の大仏造立にも協力し、聖武天皇から大僧正に任じられた。

 

 午後からは、山伏姿の修験者が護摩木やわらなどを燃やす柴燈大護摩供養で火渡り式を実施した。激しく立ち昇る炎を多くの参拝者が見守った。

「神社仏閣」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「中将姫と当麻曼荼羅」展の招待券

重要文化財 当麻曼荼羅(貞享本) 江戸時代・貞享3年(1686) 当麻寺蔵
提供元:主催者
当選者数:2組4
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ