政治

奈良市のし尿処理水を県流域下水道に放流

関連ワード:

 奈良市衛生浄化センター(同市大安寺西2丁目)の処理水を県流域下水道に放流に向けた県と市の協議がまとまり、手続きが進められていることが13日、関係者などへの取材で分かった。これまで、市はし尿をさまざまな処理を行ったうえで、浄化センター横の菰川に放流していた。下水道への放流に伴い、施設運転費や維持管理費などの削減が見込まれる。放流切り替えをめぐる県・市の協議は、県が平成28年度に「県汚水処理構想」を策定したのをきっかけに数年がかりで続けられ、本年度に入ってようやく進展が見られていた。

 

 市衛生浄化センターは敷地面積約1万5000平方メートル。処理棟と管理棟を備え平成15年3月に完成。人口減少や下水道整備に伴い処理するし尿の量は減少傾向にはあるものの、汲み取りトイレや仮設トイレなどのし尿年間約3000立方メートルを処理している。

この記事の残り文字数:776文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「公共事業」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ