経済

南都銀行・橋本隆史頭取が年頭所感 「DXなどに取り組む県内企業を積極的に支援」

関連ワード:

年頭所感を述べる橋本頭取=5日、奈良市橋本町の南都銀行本店

 南都銀行(奈良市)の橋本隆史頭取は5日、奈良新聞社の田中篤則社長に年頭所感を述べた。新型コロナウイルスワクチンの接種が進んでいることなどを念頭に、「今年は経済活動の正常化が期待される」と明るい見通しを示した。

 

 橋本頭取は、地域に貢献する金融機関として、アフターコロナに向けてDX(デジタルトランスフォーメーション)などに取り組む県内企業を「積極的に支援していきたい」と強調。同行グループに関し、「デジタル技術の活用や組織、人材の変革に取り組むことにより、地域とともに発展するサステナブル経営を目指す」と語った。

この記事の残り文字数:216文字

この記事は経済ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「金融」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「光の芸術家 ゆるかわふうの世界」展の招待券

「光のもとで」2018年
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ