歴史文化

“傍若無人”も喜ぶ神様 - 桜井・山口神社「亥の子暴れまつり」

関連ワード:

つるされた竹で模した農機具を取り合う子どもたち=5日、桜井市高田

 奇祭として知られる桜井市高田の山口神社の祭礼「亥(い)の子暴れまつり」(県指定無形民俗文化財)が5日、同神社近くの集荷場であった。子どもたちが食事を載せた膳を蹴り飛ばして粉々にするなど大暴れした。

 

 山の神をまつる祭礼として江戸時代から続く行事。田の収穫を見守ってくれた神様に感謝し、子どもたちの健やかな成長を願う。子どもたちが暴れた分だけ神様が喜ぶと伝わる。

この記事の残り文字数:361文字

この記事は歴史文化ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「伝統行事」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ