政治

奈良市新クリーンセンター事業進展に不透明感 市長、枠組み「本年度末」

関連ワード:

 今年8月に現施設での焼却活動が全面停止となるなど、施設更新の必要に迫られている奈良市の清掃施設「新クリーンセンター」建設事業が進んでいない。近隣自治体と共同運用する「広域化」が、大和郡山市の離脱により斑鳩町との1市1町となる中、大和郡山市に近接した七条地区を建設候補地とし続ける市の判断にも、賛否の声が出ている。仲川元庸市長は3日、あらためて広域化の枠組み確定の時期を「本年度末」とする考えを述べたが、事態打開を図るための上田清・大和郡山市長とのトップ会談には言及せず、事業の進展に不透明感も漂っている。

 

 同日再開の本会議で、塚本勝(自民党・結の会)、田畑日佐恵(公明党)、山本直子(共産党)の各氏が代表質問でこの問題を取り上げた。

この記事の残り文字数:740文字

この記事は政治ジャンルの有料記事です。
続きをご覧になりたい方はログインまたは会員登録をお願いします。
購読お申込みの案内はこちら

初月無料で今すぐ見る
(会員登録画面へ)

「建設・開発」に関する記事

特集記事

よく読まれている記事

本社屋上カメラ

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

「印象派・光の系譜」展の招待券

クロード・モネ「睡蓮の池」1907年、油彩/カンヴァス、101.5 × 72.0 センチ、イスラエル博物館蔵 Gift of The Jerusalem Foundation from the Sam Spiegel Collection
Photo (C) The Israel Museum, Jerusalem
提供元:主催者
当選者数:2組4人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ