総合

業者の申請書に誤り - 平群メガソーラー問題/県会代表質問

 県議会の6月定例会は23日、本会議を再開し、田中惟允(自由民主党)、小泉米造(自民党奈良)、浦西敦史(創生奈良)、猪奥美里(新政なら)の4氏が代表質問を行った。このうち、猪奥氏は平群町櫟原地区で建設されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)の問題について質問。荒井正吾知事は、業者側が県に提出した申請書の中に数値の誤りがあったことを報告し、現在工事を停止させていることを明かした。県は本年度内にメガソーラーの乱開発を防ぐためのガイドラインを策定する方針という。

 同町櫟原地区などでは開発業者が約48万平方メートルの山林を切り開いて、約5万枚の太陽光パネルを設置するメガソーラーの建設工事が進められている。これに対し、地元住民らは今年5月、業者側が2年前に県に提出した申請書類に不備があると指摘、県に精査確認するよう要望していた。…

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ