総合

宿泊療養施設の基準緩和 - ワクチン接種 県庁内に推進班/県がコロナ対策会議

 県は26日、県庁内で新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催。本部長の荒井正吾知事が今後の重点課題として、病床・宿泊療養施設の確保▽福祉施設のクラスター対策▽ワクチン接種の円滑な推進―の3点を挙げ、具体的な取り組みを示した。宿泊療養施設の入所基準を緩和、入院病床のひっ迫に備えるほか、市町村が実施主体となるワクチン接種について、医療従事者との調整などを支援する「接種推進班」を県庁内に設置する。会議後の記者会見で荒井知事はワクチン接種について、国に対し早期に明確な道筋を示すよう求めるとともに「状況に応じて、住民にワクチンをしっかり届けるのが県の役割」と話した。

 ワクチン接種の推進班は2月1日付で疾病対策課内に創設。8人体制で、市町村の実施体制構築の支援、医療従事者に対する優先接種体制の構築などに当たる。ワクチンを超低温保存する冷凍庫は、県内各市町村分として6月中までに計120台の配分が決まっているといい、その設置場所などについても県が市町村と調整する。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム

奈良新聞読者プレゼント

「復興を支える地域の文化」展の招待券

地域の復興を後押しする郷土芸能―鵜鳥神楽(国立民族学博物館提供)
提供元:国立民族学博物館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報