経済

新発売「蒸し柿の葉寿司」 - 電子レンジで手軽に/上北山の「中谷本舗」

新発売の蒸し柿の葉寿司5種20個入り(中谷本舗提供)
 「ゐざさ」の屋号で柿の葉寿司(すし)を製造販売する「中谷本舗」(上北山村、中谷昌紀社長)が、自社のオンラインショップで電子レンジで温めて食べる「蒸し柿の葉寿司」を新発売した。

 新型コロナウイルスの影響で外出を控える人が多くなる中で、自宅で便利に柿の葉寿司を味わってもらおうと開発。関西の食文化の一つ「蒸し寿司」の食べ方を取り入れた。

 商品は冷凍タイプで、食べる前に必要数量を電子レンジで数分間温めるだけ。酢飯の酸味や柿の葉の香りがまろやかになり、ネタ(具材)とシャリ(酢飯)がふっくらと仕上がるという。

 ネタは焼きサバ、サケ、アナゴ、豚かば焼き、金目鯛の5種類。豚かば焼きは同社初の肉の柿の葉寿司として登場した。

 価格は5種20個入りで3000円(税込み)。購入は同社オンラインショップから。アドレスはhttps://izasashop.com/

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

ピアノデュオとバンドネオンのコンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:大和高田さざんかホール
当選者数:10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ