社会

歴史、文化、食、地場産業・・・ 吉野の魅力満載 - ガイド本を刊行/有志団体の「吉野スタイル」

吉野地方のガイドブックを執筆した磯崎さん=吉野町飯貝 拡大

 吉野の魅力を発信する有志団体「吉野スタイル」(吉野町飯貝)が先月、ガイド本「スマイルバスで行くディープな吉野の旅」を刊行した。平成24年から8年間で計50回開いた吉野地方を巡るツアーを収録。吉野の歴史や文化のほか、食や地場産業など、写真や見やすい地図などで紹介されている。 

 吉野スタイルは24年に同町に住む元吉野町商工会職員の磯崎典央さん(64)と、カメラマンの山本茂伸さん(60)=大淀町=が共同代表となって発足した。

 吉野町の協力も得て、バス旅行を企画。同町を中心に「万葉歌碑巡り」や「大海人皇子所縁の地を歩く」ツアーが好評で、翌25年から参加者が急増した。以降、毎年6、7回ほど旅行を実施してきた。

 ツアーのテーマはさまざま。「壬申の乱」や「太平記」、源義経や豊臣秀吉、西行などの著名な歴史人物のほか、吉野鉄道や製材所巡りなども行った。ガイド本には、バスと徒歩で行く旅程と地図が見やすく掲載されている。写真のほとんどは山本さんが撮影。金峯山寺の美しい風景やツアーの様子の写真が掲載されている。 

 執筆した磯崎さんは「吉野の奥深い魅力が盛り込まれている。ガイド本を手に吉野を巡ってもらいたい」と話す。 

 B5判72ページ。1200円(税込み)。問い合わせは、磯崎さん、電話090(6235)6605。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事