総合

月ヶ瀬梅林 日本遺産めざす - 地元挙げ準備/名勝第1号、烏梅、奈良晒 ここにしかない魅力発信

梅林として唯一、名勝登録されている月ケ瀬梅林(月ケ瀬観光協会提供) 拡大
日本遺産登録を期待する月ケ瀬観光協会の道上久司会長と烏梅の選定保存技術保持者の中西喜久さん(右から)=奈良市月ケ瀬尾山の月ケ瀬観光センター前 拡大

 国の名勝指定から令和4年で100年目となる奈良市月ケ瀬の「月ケ瀬梅林」を「日本遺産」に登録しようと、地域挙げての取り組みが始まっている。昭和43年の高山ダム建設など、幾多の困難を乗り越え人々の手で守られてきた梅林は、住民の誇りだ。地元では協議会を設立するなど準備作業を続けており、月ケ瀬観光協会の道上久司会長(62)は「全国に名だたる梅林が多い中、名勝に指定されているのは月ケ瀬だけ。烏梅(うばい)や古来の製法による奈良晒(ざらし)など全国でここにしかないものが三つもそろっている月ケ瀬の魅力を世界に発信していきたい」と意気込む。

 月ケ瀬梅林(梅渓)の起源は不明だが、「月ケ瀬村史」(同村は平成17年度に奈良市と合併)は「600年昔にさかのぼる」とし、梅の実を使った烏梅も南北朝時代に製法が伝えられたとの伝承がある。烏梅は紅花を使った紅染めに欠かせない色素定着の触媒。江戸時代に入って京都、大阪の染物屋に高値で売れ、その収益は村の貴重な財源となった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介