総合

明日香ミカン もうすぐ出番 - きょう冬至/2019 師走

引き出しに大小のミカンがびっしり入った幸田誠己さん方の蔵=明日香村平田 拡大

 きょう22日は二十四節気の一つ冬至。北半球では、昼の時間が一年で最も短いい日となる。冬至風呂としてゆず湯に浸かったり、小豆の入ったかゆやカボチャを食べて無病息災を願う風習がある。

 明日香村平田の農業、幸田誠己さん(70)方では、正月に向けてミカンの出荷が最盛期。収穫の終わったミカンはいくつもの部屋に分かれた蔵の引き出しに保存し、酸味が抜けたところで順に村内の農産物直売所などに出荷する。

 今年は気候の関係でサイズが大小の両極端という。年内いっぱい収穫し、出荷は4月上旬ごろまで続く。 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大倉陶園100年の歴史と文化」展の招待券

貴賓用特別食器揃(満州国皇帝溥儀を迎えるに際し製作) 1935年 奈良ホテル蔵
提供元:細見美術館
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介