総合

奈良養護学校周辺で - 大和郡山市との連携カギ/奈良市クリーンセンター建設

 奈良市の仲川元庸市長は20日、同市七条地区を最終候補地とする新焼却場(クリーンセンター)建設について、大和郡山市境に位置する県立奈良養護学校周辺で、現在の焼却場(同市左京5丁目)と同程度の4~5ヘクタール程度の敷地を確保する考えを示した。新焼却場へのアクセスは、県道奈良大和郡山斑鳩線の慢性的な渋滞を考慮し、国道24号から乗り入れる新たな道路の整備を検討している。 

 クリーンセンターの建設は、平成29年7月に3選した仲川市長が、同年9月議会で「今期中に道筋をつける」と表明した。現在の施設は四つの炉がいずれも建設から30年以上経過。地元住民による公害調停を経て移転が決まって…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

奈良の味のポテトチップス

プレゼント写真
提供元:カルビー
当選者数:5人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介