社会

旧多武峯街道 登山整備で額に汗 - 階段新設や水路設置など/県内外のボランティアや住民ら

急な登山道で補修作業に汗を流すボランティアら=16日、明日香村上居 拡大

 明日香村上居の旧多武峯街道で16日と17日、ボランティア団体「景観ボランティア明日香」と地区住民らが登山道整備に汗を流した。

 同団体が一般参加も募る景観保全活動で、県内や大阪、東京、広島からボランティア21人が集まった。地区住民9人と村地域振興公社職員も参加した。

 石舞台古墳から桜井市の談山神社に至る登山道の途中、標高475メートルの万葉展望台下の急斜面で作業した。約3年ぶりの補修になり、角材を鉄筋で固定して階段を新設、付け替えたり、水路を設けたりした。

 「歩きやすくなって助かります。ありがとう」と言って通り過ぎるハイカーも。古道ブームで外国人も増えているという。同団体の木村衛会長(76)は「世界遺産ほどの整備はできないが、自然な味わいが魅力の明日香を気持ちよく歩いてもらえれば」と話した。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

カラヴァッジョ展の招待券

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ「法悦のマグダラのマリア」1606年 個人蔵
提供元:実行委員会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介