社会

「知事案と見比べ決定」 - 仲川市長は慎重姿勢 市の分析・評価に注目/奈良市庁舎の耐震化問題

知事の市議会での庁舎移転案の説明を受け、今後の対応について問われる仲川元庸市長=11日、奈良市役所 拡大

 奈良市庁舎の耐震化問題は、仲川元庸市長が主張する耐震改修か、荒井正吾知事が提案した移転建て替えかの議論も加わり、22日に市の臨時会が予定されている。知事と市長のトップ会談が行われないまま、市議会の勉強会に突入した知事の手法はかなり異例だが、同問題をめぐって二人の距離が一向に縮まらなかったことが背景にある。知事を勉強会に招いた市議会からも、知事案の分析を求める声が上がっており、市長の対応が注目される。

 荒井知事は勉強会に出席後、報道陣に囲まれ「説明の機会をいただきよかった。私の願いは比較検討してほしいと。ぜひ耐震改修ありきでなく、限られた時間ではあるが移転も比較検討してほしい」と述べ、「提出権があるのは仲川市長。指示も強制もできない。市民とも市会とも議論して提出するかどうか判断してほしい」と見守る考えを示した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

書籍「倭国古伝」

プレゼント写真
提供元:古田史学の会
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介