社会

針テラス運営会社との契約解除 - 土地使用料、1年未払い テナントは存続方針/奈良市

奈良市が運営会社との契約解除を発表した名阪国道の道の駅「針テラス」=奈良市針町 拡大

 奈良市は27日、同市針町の名阪国道針インターにある道の駅「針TRS(テラス)」(総面積約6万3000平方メートル)の土地使用料が昨年11月分以降、所有者の市に支払われていないことなどを理由に、運営会社「三興」(大阪府豊中市)等との事業契約等を解除したと発表した。21日付。針テラスでは現在約10のテナントが運営を続けているが、市は店舗などは存続させる方針で、「利用者に影響が出ないよう措置をしたい」としている。

 市によると、三興は市に無断でテラス内の建物に抵当権を設定するなど資金調達に苦慮している状況がうかがえ、市は建物明け渡し交渉とともに、大阪地裁に破産申し立てを行った。今後建物の所有権の移転を請求する。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「名刀は語る」展の招待券

重要美術品「脇指 銘 相模国住人廣光/康安二年十月日(号 火車切)」上杉家伝来 康安2(1362)年 佐野美術館蔵
提供元:佐川美術館
当選者数:5組10人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報