スポーツ

日体大駅伝監督、パワハラで解任 - 部員に暴力、人格否定の言動

日本体育大学は12日、陸上部駅伝ブロックの部員に対する暴力、パワーハラスメント行為で、渡辺正昭監督を解任したと発表した。

 日体大によると、学生への聞き取り調査で脚を蹴る、胸ぐらをつかむなどの暴力行為や人格を否定するような言動が確認された。渡辺監督はおおむね内容を認めているものの、不適切な行為との認識が乏しく「学生指導の適性に欠ける」として解任を決定した。

 3日付で陸上部部長からパワハラの疑いに関する文書が提出され、大学側が調査していた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

全日本空手道選手権大会の観戦招待券

プレゼント写真
提供元:全世界空手道連盟新極真会
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド