スポーツ

日体大駅伝監督、パワハラで解任 - 部員に暴力、人格否定の言動

日本体育大学は12日、陸上部駅伝ブロックの部員に対する暴力、パワーハラスメント行為で、渡辺正昭監督を解任したと発表した。

 日体大によると、学生への聞き取り調査で脚を蹴る、胸ぐらをつかむなどの暴力行為や人格を否定するような言動が確認された。渡辺監督はおおむね内容を認めているものの、不適切な行為との認識が乏しく「学生指導の適性に欠ける」として解任を決定した。

 3日付で陸上部部長からパワハラの疑いに関する文書が提出され、大学側が調査していた。

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

文楽のサマーレイトショーの招待券

第3部サマーレイトショーで上演される「国言詢音頭」の一場面
提供元:国立文楽劇場
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介