スポーツ

巨人の長嶋元監督が7月から入院 - 胆石の治療、快方に向かう

巨人の長嶋茂雄元監督 拡大

 プロ野球巨人の長嶋茂雄元監督(82)が胆石の治療のために入院していることが8日、分かった。家族からの球団への説明によると、体調が優れなかったために7月初旬に入院したところ検査で胆石が見つかり、入院したまま治療を続けている。現在は通常通り食事もできるようになり、快方に向かっているという。

 長嶋元監督は球団を通じ「大変ご心配をお掛けしました。おかげさまで回復しています。今は静養に努めながら、昼は高校野球、夜は巨人戦をテレビ観戦しています」とコメントを出した。

 長嶋元監督は2001年に監督を退任後、04年3月に脳梗塞で倒れて入院。懸命なリハビリを経て復帰した。

 

(共同通信)

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 万葉浪漫フェスティバル@藤原宮跡
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

昆虫最強王図鑑

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド