総合

飛鳥導入決まる - 地方版図柄入りナンバープレート

 国土交通省が導入する自動車用の地方版図柄入りナンバープレートの新たな地域名表示に、橿原市や明日香など5市町村が目指していた「飛鳥」ナンバーが追加されることが22日、決まった。全国17地域が追加され、近畿では「飛鳥」の1地域のみ。図柄とセットでの導入で、平成32年度の交付を予定している。

 「飛鳥」ナンバーは橿原市、高取町、明日香村、田原本町、三宅町が、飛鳥川流域の市町村連携の取り組みで推進。「飛鳥」の知名度向上と広域観光の振興につなげることを目的にしている。 「飛鳥」ナンバー自体の挑戦は平成25年以来、2回目。前回は橿原市、高取町、明日香村、吉野町が目指したが、条件の自動車登録台数に届かず断念した。

 国交省は今回の募集で、登録台数をおおむね5万台と条件を緩和。5市町村の台数は計約5万9000台で条件をクリアしていた。

 今後、5市町村は今年12月末にナンバーの図柄デザインを国交省に提出。交付は32年度開始となる予定だ。

 明日香村の森川裕一村長は「奈良県域の中心の飛鳥地域で飛鳥ナンバーの車が走ることを思うと、ワクワクしている」と語った。

 また5市町村でつくる飛鳥ナンバー協議会はこの日、図柄デザインを外部に委託すると発表した。業務に携わる委託業者を選定するため、「企画提案競技」を実施する。

 参加申し込みは6月6日まで(必着)。参加業者は同20日までに「飛鳥」を想像するものとして、四神の「朱雀」をイメージしたもの▽5市町村の観光資源や名産品など地域をイメージするもの▽自由提案―の三つの図柄を提案。審査で、最優秀業者を選定する。

 その後、最優秀業者は新たに図柄案10案を提出し、その中からナンバーに使用する図柄デザインを決める。

 申し込みの詳細は、飛鳥ナンバー協議会のホームページhttps://asukanumber.wixsite.com/asuka-n。問い合わせは事務局、電話0744(21)1108。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

トムとジェリー展の招待券

TOM AND JERRY and all related characters and elements(C)& TM Turner Entertainment Co. (s19)
提供元:大丸心斎橋店
当選者数:3組6人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報