社会

ごみ収集車にAED - 対応へ職員に講習 高齢者ら見守りも

ごみ収集車にAEDを搭載し、市民の安心・安全を高める 拡大

 生駒市がごみ収集業務を委託する2事業者が、今月から、市内を走るごみ収集車約40台にAED(自動体外式除細動器)を搭載する。乗車する収集員約60人もAEDの講習を受講、いざというときには対応が可能と言い、市は「市民の安心・安全につながる」と話している。

 ごみ収集車は日曜以外のほぼ毎日、午前7時から正午の時間帯を中心に約20台が市内を走行している点を生かし、市民の安心・安全の向上を図る。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

創立30周年記念コンサートの招待券

プレゼント写真
提供元:木津川市音楽芸術協会
当選者数:5組10人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介