スポーツ

実業団クラブ NARA-X 第1号選手、大井獲得 - トップ長距離走 選手育成へ一歩

大きな夢を掲げて練習に励む大井千鶴選手(左)と大歳研悟コーチ=県立橿原陸上競技場 拡大
仕事を終え、練習に打ち込む大井と大歳コーチ=同 拡大
奈良マラソン女子10キロでテープを切る大井=ならでんフィールド 拡大

 長距離走のトップアスリート育成を目指す長距離実業団クラブチーム「NARA―X」(熊谷遵徳代表)が、第1号選手を獲得し、育成に力を入れている。従来の実業団チームと違い、クラブが掲げる理念に賛同する企業と提携してトップアスリート育成を目指す新しい試み。その理念に賛同した佐藤薬品工業(橿原市観音寺町)が選手の受け入れを決めた。

 同クラブは2015年4月に一般社団法人として設立。クラブ名のXは「未知・無限」を表し、「奈良の可能性は無限大」との意味を託す。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大正ロマン昭和モダン」展の招待券

プレゼント写真
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド