総合

願い込め丁寧に - 唐招提寺で守護札準備

お札をワラボテにさす作業を行う僧侶=26日、奈良市五条町の唐招提寺 拡大

 奈良市五条町の唐招提寺で26日、正月に参拝者へ授与する「千手観音守護札」の準備作業が行われた。

 お札は縦8センチ、横2・5センチ。開運や所願成就を願い、千手観音の梵(ぼん)字と真言が書かれている。

 正月三が日の間、高さ約70センチ、直径約25センチのワラボテ2個に長さ約17センチの竹ぐしに挟んだお札を差して金堂の千手観音立像(国宝)の前に設置。各日午前8時30分から、1日2千枚をめどに札を授与する。

 この日は境内の茶処で僧侶2人がヒノキの葉で飾ったワラボテ2個に、札を1本ずつ丁寧に差していった。

 同寺の石田太一副執事長は「来年は平安、安寧な一年になるよう願いを込めて作った」と話していた。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「大正ロマン昭和モダン」展の招待券

プレゼント写真
提供元:神戸ファッション美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド