社会

介護報酬を不正受給 - 刑事告訴も視野/奈良の事業所

 介護施設でフィリピン人職員に過酷な労働を強いたとして問題になった介護会社「寿寿(じゅじゅ)」(大阪府東大阪市)が運営する奈良市の訪問介護事業所で介護報酬の不正受給などがあったとして、市が近く事業所の指定を取り消す方針を固めたことが20日、市への取材で分かった。返還請求と刑事告訴も検討している。

 寿寿を巡っては、フィリピン人元職員10人が大阪地裁に起こした未払い賃金請求訴訟で原告に陳謝して計約1千万円の解決金を支払う内容で和解し、別の系列事業所(廃止)での不正受給など問題が相次ぐ。自治体は不正の要因が運営会社にあるとみられるケースでも事業所レベルでの行政処分しかできず、運営会社や系列事業者を同時に取り締まる権限がないために不正な介護の継続を招く制度上の不備が浮き彫りになった。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド