社会

村民と考える「明日香」 - 観光で意見交換/国交省政務官

地域住民と観光について意見交換する根元政務官(中央奥)=7月31日、明日香村川原の村中央公民館 拡大

 国交省の根元幸典大臣政務官が7月31日、明日香村を訪れ、「地域の観光資源を有効に活用した地域の活性化」をテーマに村民と意見交換した。政府の大臣、副大臣、大臣政務官が地域の生の声を聞き、政策に生かすことを目的にした「車座ふるさとトーク」としての実施。村からは村商工会や飛鳥ニューツーリズム協議会、飛鳥京観光協会の関係者をはじめ、飲食店経営者や主婦ら9人が出席した。

 出席者からは「インバウンドの団体客の場合、観光スポットを案内でき、歴史を通訳できる添乗員が少ない」「外国語に対応できる観光ボランティアガイドの養成が必要」など増加傾向にあるインバウンド対策に関する意見が出た。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

初心者向き特集展示開催で入館招待券

プレゼント写真
提供元:京都国立博物館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド