総合

仲川氏が3選 - 2000票差の接戦制す/奈良市長選

3選を決め、支援者とバンザイする仲川氏(中央)=10日午前2時30分ごろ、奈良市三条町 拡大

 任期満了に伴う奈良市長選挙、同市議選挙は9日投開票され、市長選は無所属現職の仲川元庸氏(41)が、無所属新人で前生駒市長の山下真氏(49)、同、NPО法人理事長の朝広佳子氏(56)、共産党新人で党県常任委員の井上良子氏(53)を振り切り、3選を果たした。仲川氏と次点の山下氏は約2000票差の大接戦となり、開票作業で疑問票の協議に手間取るなど、当選の確定は10日午前2時20分ごろまでずれ込んだ。仲川氏は10日、市役所で行われた当選証書授与式に出席、3期目に向け意欲を新たにした。

 仲川氏は、当選が決まった直後のインタビューで「経験、実績を持つ候補者との戦いとなり、これまでで最も厳しい、薄氷を踏む思いの選挙だったが、市政改革など2期8年の実績や新斎苑(火葬場)を何とか進めて、という市民の思いがあった」と振り返った。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド