総合

会派内協議が本格化 - 当選回数重視、異論も/県会議長選

 県議会(定数44、欠員1、8会派)は29日、6月定例会の代表、一般質問や常任委員会審議が終了したのを受け、定例会最終日の7月3日に予定している正副議長などの役員改選に向けた各会派内の協議が本格化した。会派間の“合意形成”に成功したグループが多数派を形成、議会運営の新体制が決まる。

 同議会の会派勢力構図は、一昨年の統一地方選挙を受けて、それまでとは一変。以後の2年間は、第2勢力会派の自民党奈良(9人)が創生奈良(5人)、日本維新の会(5人)、自民党絆(2人)と組む形で議会運営の主導権をにぎってきた。今回も同じ枠組みで正副議長選出の道を探るとみられる。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド