社会

多彩な画技で魅了 - 仏画や水墨画50点/20日から大和文華館で

大経曼荼羅図(部分)=浄国院所蔵 拡大

 江戸時代の画僧・古磵(1653~17117年)の画業を紹介する、大和文華館の特別展「没後300年 画僧古磵」が、20日から、奈良市学園南1丁目の同館で開かれる。7月2日まで。

 浄土宗の僧侶だった古磵は増上寺(東京都)で修行し、奈良や京都で画僧として活躍。晩年の4年間は薬師寺の塔頭(たっちゅう)・地蔵院に滞在した。特別展では県内の社寺の所蔵品を中心に、仏画や水墨画など約50点を展示する。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド