総合

愛でて摘むシャクヤク - 下市の農園見頃へ

咲き始めたシャクヤク=12日、下市町栃原 拡大

 下市町栃原と同町平原の大紀農園部シャクヤクガーデンが、花の季節を迎えた。入園料は1人500円で、30本まで持ち帰りも可。シャクヤクの開花はこれからがピークといい、順次、八重咲きなども楽しめる。

 女性の美しさを表現する「立てばシャクヤク」などの言い回しでも知られる美しい花。

 江戸時代から薬草栽培が盛んだった同町で、民間企業の大紀グループが薬草としてシャクヤクを栽培。入浴剤などに使われる根を町内の漢方卸問屋に出荷するため、花は来園者に摘ませてくれる。

 栃原は5000平方メートルに6000株、平原は1万5000平方メートルに3万4000株。午前8時半ごろ~午後5時。開花中は無休。

 問い合わせ、予約は大紀農園部、電話0747(53)0015。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

ローズガーデンの入園招待券

プレゼント写真
提供元:京成バラ園
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド