総合

ゆかりの人物名 - 過去帳の奉読/お水取り2017

灯明の明かりの下、過去帳を読み上げる尾上さん。東大寺から特別に許可を得て撮影=5日午後10時45分ごろ、奈良市雑司町の同寺 拡大

 東大寺二月堂(奈良市雑司町)の修二会(お水取り)は5日夜、過去帳の奉読が行われた。大仏造立を発願した聖武天皇や初代住職の良弁僧正をはじめ、寺創建以来の縁が深かった人の名前が厳かに読み上げられた。

 この日の読役は平衆の次席「南衆(みなみのしゅ)之一」で、福岡県にある末寺の祥明寺住職の尾上徳峰さん。寒さが身に堪え出した午後10時すぎ、最初はゆっくりと奉読が始まり、「大伽藍の大本願聖武皇帝、聖母皇太后宮、光明皇后…」と高低緩急をつけた独特の節回しで読み上げられた。

 有名な「青衣女人(しょうえのにょにん)」が登場するのは鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の少し後。二月堂に籠(こ)もる練行衆の前に現れたとされる幻の女性で、その名はひときわ低く読み上げられた。その瞬間を逃すまいと、聴聞者は静かに耳を傾けていた。

 過去帳の奉読は12日もある。内陣内で行われるため、聴聞者は見ることはできない。

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「須飼秀和ふるさとの詩」展の招待券

プレゼント写真
提供元:BBプラザ美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド