考古学

額に線刻、県内に例なし - 瓢箪山古墳から埴輪多数/三宅

女性の胴体部分の埴輪も検出された=2日、三宅町伴堂 拡大
発掘調査が行われた瓢箪山古墳=2日、三宅町伴堂 拡大

 三宅町教育委員会は2日、同町伴堂の瓢箪山古墳で周濠(ごう)部から多数の埴輪(はにわ)が見つかり、県内では類例のない額部分に綾杉(あやすぎ)文の線刻が施された犬形埴輪などを検出したと、発表した。

 平成27年度の第1次調査に続く第2次調査で、未調査だった墳丘の南側を中心にトレンチを入れ、墳丘が全長約40メートルの前方後円墳と改めて確認。築造時期を6世紀前半に絞り込んだ。

 埴輪は主に前方部周辺の周濠内から検出され、円筒形に交ざって人物や犬、盾(たて)などを模した埴輪が確認された。

 犬形埴輪は前足と耳、鼻先部分が欠損しているものの、体長約46センチ高さ同40センチで、ほぼ全体像が判別できる。首輪を表現したとみられる突起があることから犬と考えられるという。

 また頭から鼻先に向かって綾杉文の線刻が施されており、同町教委は「装飾物を表現したものでは」と話している。犬形埴輪は県内で橿原市四条1号墳や天理市荒蒔古墳などから見つかっているが、額に線刻を持つものは初という。

 他に胴体と腕部分だけが残存した女性と考えられる高さ約15センチの人物埴輪も出土した。同町教委の分析によると、胸部分に乳房を表現していたとみられるはく離痕があるらしい。同町教委は「乳房を表現するのは関東の埴輪工の特徴で、何らかの関わりがあったと考えられる」としている。

 これらの埴輪は須恵器片などとともに検出されていることから、奈良時代に墳丘を何かに利用した時に人為的に周濠内に落とされた可能性が高いとみている。

 同町教委の安原貴之主事は「小さいながら埴輪も並べられていたと考えられ、しっかりした前方後円墳と考えられる。三宅古墳群の意義を解明する第一歩。データを積み重ねて全体の様子を探って行きたい」と話し、天皇の直轄地だった倭屯倉との関連性解明も視野に入れている。

 同古墳群は磯城郡3町にまたがる南北約2キロ、東西同1・5キロの低湿地帯に前方後円墳8基、円墳8基、方墳と考えられるもの1基が点在する。5世紀後半から6世紀前半に最盛期を迎えたとされ、盆地中央部低地に立地する珍しい例。

 現地説明会は4日午後1時から開かれ、同1時と同3時に調査担当者による解説がある。少雨決行。雨天の場合の可否は町ホームページで発表する。同町教委は公共交通機関の利用を呼び掛けている。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

「リカちゃんからのお手紙」の申し込みクーポン券

プレゼント写真
提供元:イクスネット
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド