スポーツ

各自がベストな走りを - 若い選手がポイント/全国都道府県対抗男子駅伝

自己ベストに近づく走りでチーム力を向上を目指す県チーム 拡大

 天皇盃第22回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は22日、広島市の平和記念公園を発着点に7区間48キロのコースで争われる。昨年39位だった県チーム。ことしは若い選手が多く厳しい大会となりそうだ。昨年の実績を維持し、来年につなげるレースが出来るか―。

 1区(7キロ)は昨年の全国高校駅伝大会などで1区10キロを3度経験している浦田(智弁学園奈良カレッジ高)が起用されそうだ。全国都道府県対抗男子駅伝の1区は7キロ。距離が短いだけに大野監督は「後半のスピードに期待したい」としている。…

▼ 記事の詳細は本誌をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド