総合

無電柱化 最後の800メートル 立ち往生 - 三条通の奈良市計画

無電柱化が予定される三条線上三条から春日大社一の鳥居。「奈良観光の表参道」との期待もかかるが… 拡大

 奈良市が、同市の中心市街地を貫く三条通りで計画する電線の無電柱化が、国の枠組み策定の遅れなどから“立ち往生”状態に陥っている。仲川元庸市長が推進に意欲を示す事業で、三条線上三条交差点から春日大社一の鳥居まで約800メートル区間で電柱をなくし、景観向上を図る計画。市長は同事業で「奈良観光の表参道」として三条通のブランド確立を目指しているが、市議会からは現任期中での事業着手を危ぶむ声も出ている。

 奈良市は平成9年以降、景観の改善につながる無電柱化を積極的に推進。JR奈良駅周辺区画整理事業地や周辺の市道に続き、12年度からは3カ年計画で唐招提寺・薬師寺周辺、14年度からは猿沢池~鶴福院商店街~杉ケ町高畑線(ならまち大通り)で電線の地中化を実施。通りの電柱は姿を消した。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

人気小説「利き蜜師物語」の最終巻

プレゼント写真
提供元:産業編集センター
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド