総合

風にゆらり、式年造替の春 - 春日大社フジ見頃

見頃を迎えた「砂ずりの藤」=28日、奈良市春日野町の春日大社 拡大

 藤原氏ゆかりの奈良市春日野町の春日大社で、境内のフジが見頃を迎えた。

 フジは春日大社の社紋でもあり、境内をかれんに彩る。西回廊の慶賀門を入ったところにある樹齢700年以上の「砂ずりの藤」はノダフジの変種といわれ、花房が地面に届くほど長く伸びることからその名がついた。

 平年より3日ほど早く今月中頃から開花。今が見頃で「連休いっぱいは楽しめそう」と同大社。

 同大社では20年に1度社殿などを修理する第60次式年造替(ぞうたい)が本格化しており、修理に先立つ本殿の一般公開が5月31日まで行われている。

 問い合わせは同大社、電話0742(22)7788。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

四季の万葉日本画展の招待券

プレゼント写真
提供元:芦屋市立美術博物館
当選者数:10組20人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド