考古学

未知の巨大石室古墳 - 物部氏の有力者墓?/天理の丘陵地

巨大な石を積み上げて構築された大型の横穴式石室=27日、天理市豊田町 拡大

 天理市豊田町の丘陵地で巨大な横穴式石室を持つ7世紀前半の古墳が見つかり、調査した天理市教育委員会が27日、発表した。「豊田トンド山古墳」との命名を検討。周辺を本拠地とした古代豪族・物部氏の有力者の墓と考えられる。

 道路建設に伴い、昨年12月下旬から約500平方メートルを調査。

 南南西の方角に入口を向けた横穴式石室は全長約9・4メートルで、ひつぎを納める玄室は長さ約4・9メートル、幅約2メートル。通路部の羨道(せんどう)は長さ約4・5メートル、幅約1・7メートルあり、いずれも床面には直径30センチ程度の石が敷き詰められていた。

 側壁は花崗岩の巨石(最大で長さ約3メートル)を積み上げて構築し、上部の石材と天井石は失われていた。奥壁の一部には「ベンガラ(酸化鉄)」で赤い彩色が施されていた。

 玄室の中心からは細かく砕かれた凝灰岩(ぎょうかいがん)が多数出土。凝灰岩製の石棺が安置され、中世の盗掘で壊されたとみられる。羨道では鉄製のくぎが見つかり、石棺の後に木棺が納められた可能性もあるという。

 市教委は出土した土器などから7世紀前半の築造と推定。鉄の矢尻や太刀の鞘(さや)に使われた銀製金具も出土した。測量調査などから直径30メートル程度の円墳とみられる。

 南側には古墳時代中~後期に最盛期を迎えた集落跡「布留遺跡」があり、周辺はヤマト王権の軍事を担った物部氏の本拠地とされる。

 古墳は布留遺跡を見下ろす高所にあり、被葬者は同氏の有力者だった可能性が高い。

 調査を担当した天理市教委の石田大輔主査は「これだけの規模を持つ未知の古墳の石室が見つかるのは珍しい。布留遺跡を強く意識した立地で、物部氏と関係する可能性がある」としている。

 現地説明会は5月2日午後1時から同3時半。雨天の場合は9日に延期。会場の南に来場者駐車場がある。

 問い合わせは、天理市教委文化財課、電話0743(65)5720。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

メトロポリタン美術館展の招待券

プレゼント写真
提供元:主催者
当選者数:者5組10人
  • 奈良新聞創刊記念プレゼントキャンペーン
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報