考古学

70メートルの前方後円墳 - 御所・條ウル神古墳

確認された墳丘の端。前方部の先端と考えられる=25日、御所市條の條ウル神古墳 拡大

 巨大な石室と石棺を持ち、巨勢氏など古代豪族の盟主を葬ったと考えられている御所市條の條ウル神古墳(6世紀後半)が、長さ約70メートルの前方後円墳と分かり、御所市教育委員会が27日、発表した。

 條ウル神古墳は平成14年、現状で長さ7・1メートルもの横穴式石室(幅2・7メートル、高さ3・8メートル)と、計8個の縄掛突起を持つ特異な家形石棺が見つかった。石室は石舞台古墳(明日香村)、石棺は五条野丸山古墳(橿原市)に匹敵する最大級のものとして注目された。…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良マラソン「第一生命メッセージボード」
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

企画展「姿の美、衣装の美…肉筆浮世絵」の招待券

プレゼント写真
提供元:県立美術館
当選者数:5組10人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報