社会

八窓庵など無料公開 - 期間限定で奈良博

特別無料公開が行われている仏教美術資料研究センターの関野ホール=奈良市登大路町の奈良国立博物館 拡大

 奈良市登大路町の奈良国立博物館は、西新館南側にある庭園の茶室「八窓庵」(江戸時代中期)や、明治中期を代表する近代和風建築の「仏教美術資料研究センター」(国重要文化財)などの特別無料公開を行っている。期間は10月22日までと、11月13日から12月7日まで。

 今月8日に始まった改修工事による「なら仏像館」の休館に伴う利用者サービスの一環として実施。

 八窓庵は、興福寺の大乗院から移築された大和の三大茶室の一つ。通常、茶会やイベントで使われる以外は非公開で、今回も内部には入れない。しかし、窓から安土桃山時代の茶人・古田織部好みとされる多窓式茶室を鑑賞できる。

 一方、仏教美術資料研究センターは、建築史家・関野貞の設計で、明治35(1902)年に完工。日本の伝統的な建築様式を取り入れた西洋建築で、県物産陳列所や奈良文化財研究所の庁舎などに活用された。

 今回の特別無料公開では内部の「関野ホール」で、県内の近代建築などに関するパネル展も実施している。

 このほか、青銅器館も無料公開。同博物館は「日ごろは見ることのない博物館の一面を楽しんでもらえれば」としている。

 月曜(祝日は除く)と10月14日、11月25日休館(同研究センターは9月23日も休館)。午前9時30分から午後4時開場(青銅器館は同5時まで)。

 問い合わせは同博物館、ハローダイヤル050(5542)8600。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

映画「ワイルド・スピード」最新作の映像ソフト

プレゼント写真
提供元:ビデオの日実行委員会
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介