社会

葛城山や桧原神社など - 県景観資産 新たに22件登録

県景観資産に登録された二上山を望む桧原神社境内=県提供 拡大

 県は、県内の美しい眺望を望む場所などを紹介する「県景観資産」に、新たに「記紀・万葉」ゆかりの地の22件を登録した。県ホームページに登録地の説明や写真、地図などを掲載。景観づくりの啓発や観光資源として役立てる。

 県景観条例に基づき、平成23年度に始まった制度で、今回が2回目の登録。第1回は「四神八景」をテーマに32件を登録しており、計54件となった。

 一般公募と過去に県が募集した「まほろば眺望スポット百選」の中から「記紀・万葉」にゆかりの39点を対象に、県景観審議会(会長、鳴海邦碩・大阪大学名誉教授)が審査。奈良や天理、桜井、葛城の各市などの美しい景観22件を選んだ。

 若草山や東大寺を望む県庁屋上(奈良市)、奈良盆地から大阪まで眺望できる葛城山(御所市)、二上山が正面に見える桧原神社(桜井市)など、豊かな歴史と自然を楽しめる景観がそろった。

 県風致景観課は「県民に景観を守ろうという意識を持ってもらうとともに、県外の人に対する観光PRになれば」としている。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

野菜の寄せ植えを紹介するムック

プレゼント写真
提供元:学研プラス
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド