社会

神武天皇の偉業たたえ - 橿原神宮「紀元祭」

天皇の供物の入った唐櫃とともに参進する勅使ら=11日、橿原市久米町の橿原神宮 拡大

 建国記念の日の11日、橿原市久米町の橿原神宮(栃尾泰治郎宮司)で、紀元祭が行われ、参拝者が神武天皇の建国の偉業を称え、国の発展を祈った。

 紀元祭は、神武天皇が橿原宮で初代天皇に即位したとされる2月11日の紀元節に毎年、行われており、今年は約3900人が参列した。

 祭典で栃尾宮司が祝詞を奏上。勅使の唐橋在倫さんが天皇の供物の入った唐櫃(からひつ)とともに内拝殿へ参進し、神前で祭文を唱えた。参列者らは「君が代」と「紀元奉頌(ほうしょう)の歌」を斉唱し、国の安泰を願った。

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

肉筆浮世絵の世界展の招待券

宮川長春「立ち美人」1711~36年
提供元:パラミタミュージアム
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • 新規ご契約キャンペーン
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報