歴史文化

幻の古代「磐余池」? - 最古のダム式池/橿原・東池尻

建物群跡も見つかった人工の堤。ポールは掘っ立て柱建物の柱穴を示す=15日、橿原市東池尻町
 聖徳太子の父、用明天皇(在位585~587年)らが宮殿を構えたヤマト王権の重要地域・磐余(いわれ)にあたる橿原市東南部の東池尻町で、日本書紀や万葉集に登場しながら所在地が不明だった「磐余池」の一部とみられる6世紀後半以前の人工の堤が見つかり、同市教育委員会が15日、発表した。ダム式の古代ため池の発掘事例では最古。堤の上には建物群跡があり、用明天皇の宮殿に関連する施設との見方もある。

 丘陵地の北に低地が広がる地形。丘陵の裾に東西方向の堤を延長約330メートルにわたって築き、5本の谷筋を利用して湛水していたらしい。市教委の推定では、堤の幅は20~55メートル、高さ3メートル以上。

 市道の拡幅計画があり、南北81メートル、東西7メートルの範囲を発掘調査。全体が、土と粘土を交互に重ねて固めた堤だったことが分かった。残存高は約2メートル。

 出土した須恵器のかけらの特徴から6世紀後半には完成。日本最古とされていた大阪狭山市の狭山池(7世紀初め)をさかのぼる発掘事例となる。

 また堤の上では、掘立柱や渡来系の特徴とされる大壁造りなど建物6棟や塀などの柱穴を確認した。1棟は6世紀後半の南北17.5メートル以上、東西4メートルの長大な掘っ立て柱建物で、柱は約20センチでやや小ぶり。これより早い段階に大壁建物があったとみられる。

 日本書紀は、磐余池の築造を5世紀前半の履中天皇の時代と記す。6世紀後半になると、用明天皇の「磐余池辺双槻宮(いわれいけのべのなみつきのみや)」が湖畔の宮殿と想定でき、和田萃・京都教育大学名誉教授(古代史)は今回の建物跡について「池を眺める望楼的な施設など用明の宮の一画とも考えられる」と話している。

 市教委は来年1月から南側の続きで発掘調査を行い、池が埋まった年代なども明らかにしたい考え。

 現地見学会は17日午前9時~午後3時。近鉄大福駅の南、徒歩約20分、JR香久山駅の南東、徒歩約20分。駐車場はない。少雨決行。

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

「板谷波山の陶芸」展の招待券

重要文化財「葆光彩磁珍果文花瓶」 大正6年(1917) 泉屋博古館東京蔵
提供元:泉屋博古館
当選者数:5組10人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ