歴史文化

朱雀門近くに六角井戸跡 - 平城京域では最大

上部を方形、下部を六角形に組んだ井戸跡。後方は朱雀門=3日、奈良市二条大路南3丁目

 平城宮の正面玄関だった奈良市の朱雀門近くで、方形と六角形の枠を組み合わせた井戸跡が見つかり、奈良文化財研究所が3日、発表した。京域では最大で、六角井戸は天皇の住まいがあった平城宮内でも見つかっていない。祭祀(さいし)など特別な用途に使ったとみられている。

 朱雀門から南東に約130メートル離れた平城京左京三条一坊一坪の一画。井戸跡は上部が一辺約2.4メートルの正方形で、下部は六角形の井戸枠が七段に組まれていた。現状の深さは約2.6メートルだが、抜き取られた上部を加えて3メートル強と推定できる。…

特集記事

よく読まれている記事

  • 奈良県観光情報タブロイド ことなら 2021年秋号
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

2020年版オリジナルカレンダー

プレゼント写真
提供元:国立民族学博物館
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ