歴史文化

武蔵国の市長クラス - 11階級特進大伴宮足

大伴宮足の名前が見える木簡
 奈良市佐紀町の平城宮跡東方官衙(かんが=役所)地区で、続日本紀に登場する人物名の木簡がまとまって見つかり、奈良文化財研究所が21日、発表した。穀物の献上で位階の特進を受けた大伴宮足が、武蔵国(東京都から神奈川県東部)の市長クラスだったことが明らかになった。

 大伴宮足が登場するのは続日本紀の神亀元(724)年2月。現在の宮城県にあった陸奥国鎮所(多賀城)に「私穀」を献上した功績で貴族に準じる「外従五位下」に叙せられた。

 それまでの位階は「外従八位上」。一気に11階級の特進だが、どのような人物か不明だった。

 木簡には「豊嶋郡大領大伴直(あたい)宮足」と記されており、武蔵国豊嶋郡の大…

特集記事

よく読まれている記事

屋上カメラ(若草山望む)

奈良新聞読者プレゼント

元消防士のエッセイ集

プレゼント写真
提供元:文芸社
当選者数:3人
  • 購読のお申込み
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報

奈良の情報をいち早く手に入れたい皆様へ