社会

桜の町の未来語ろう - 8自治体、吉野でサミット

桜のまちづくりの未来について話し合ったサミット=16日、吉野町吉野山の吉野山ふるさとセンター 拡大

 桜によるまちづくりを推進する自治体が連携を図る、第19回「さくらサミットinよしの」が16日、吉野町吉野山の吉野山ふるさとセンターで開かれた。出席者は桜のまちづくりの未来について話し合った。

 福井良盟竹林院住職は「日本人の桜」と題して記念講演。「万葉集での日本人を表象する言葉『かなし』や仏教の神髄『慈悲』は、相手と一体となるという共通点がある」とし、「桜を自分と一体化して育てようとすれば、日本人の心の原点に帰ることになる」と語った。

 全体会議では、北岡篤吉野町長ら全国8加盟自治体の関係者が、桜の保護育成に向けた住民参加の取り組みや問題点、今後のサミットのあり方を議論。桜の木とさくら文化を守るため、加盟自治体を増やし、サミットで蓄積したノウハウを共有財産として広めていくことを誓う共同宣言を採択し…

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 奈良新聞noto ならスポ
  • 奈良新聞noto 万華鏡
  • アドレター
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • ~奈良新聞と読者でつくる~ 各投稿フォーム
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • Tour guide tabloid COOL NARA

奈良新聞読者プレゼント

ビリー・アイリッシュの映画公開記念特製缶バッジ

プレゼント写真
提供元:イーストワールド・エンタテインメント
当選者数:5人
  • 購読のお申込み
  • 奈良新聞デジタル
  • バックナンバーご注文
  • ならリビング.com
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報