国原譜

 幼稚園の送迎バスを待っていた子どもたちの声に腹を立て、園児らの家の郵便受けに脅迫文を入れたとして、71歳で無職の男が10日、逮捕された。脅迫文には「静かにさせろ。できなければ何があっても文句は言うな」などと書かれていた。

 先月28日、川崎市でスクールバスを待っていた児童らが次々と刺され、小学6年女児と39歳の男性が死亡した事件があったばかりで、憤りしかない。

 かつて生駒市の北大和グラウンドの閉鎖話が持ち上がった際、「地域住民は閑静な住宅地として平穏な日々を過ごしたいにもかかわらず度重なる歓声を受忍している」という答申があった。

 「受忍」とは、損害や迷惑を我慢する行為。子どもの元気な声は迷惑なのか。保育園で遊ぶ園児の声がうるさいと訴えた男性が敗訴になった例もある。

 『平家物語』に記されるように「子は宝」はいにしえの時代から、大切に言い伝えられてきた日本人の心だ。

 厚労省が7日発表した「平成30年人口動態統計」で、出生数は過去最少を記録。「子は迷惑」では、ますます少子化が進む令和時代が続くだろう。(黒)

 

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

山口鉄也・元ジャイアンツ投手の著書

プレゼント写真
提供元:廣済堂出版
当選者数:3人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報