国原譜

 軽快で分かり易い語り口に驚かされた。主催した政経懇話会などの合同例会で、ジャーナリストの田原総一朗さんの話を聞いた。

 昭和9年生まれというから85歳だ。率直な物言い、無駄のない言葉に、ジャーナリストの真骨頂を見た。たまたま来日していた米国のトランプ大統領の話から始まった。

 そして中国との関係が、これからの日本や世界に大きな影響を与え、日本が果たすべき役割について指摘した。来月の大阪でのG20にかかっているという。

 そして世界経済の動向に触れ、大企業といえども深刻な時代を迎えているとし、経営者は守りの経営から脱却し、失敗を恐れず戦ってほしいと訴えた。

 「売れるものを作るという安易なものでなく、世の中にないものを作ることが業績を大きく伸ばすこと」だ。そして「社員のやる気をいかに高めるかにある」とした。

 まさにその通りだと思う。短い時間だったが、学ばせてもらった。あと、夏の参院選で「安倍さんはダブル選をやりたいと思う」とし、その大義をどうするかだという。その準備も進めていかねばならない。(治)

 

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 富本憲吉入門
  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介
  • 奈良クラブ試合情報

奈良新聞読者プレゼント

胃腸の知識と守り方の本

プレゼント写真
提供元:幻冬舎メディアコンサルティング
当選者数:3人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報
  • ならどっとFM78.4MHzのご紹介