国原譜

 広島市で事業承継のシンポジウムが開かれた。7日付の本紙記事からも全国で企業の後継者問題が深刻化する状況がうかがえる。

 シンポでは経営者の高齢化が進む状況で、多くの中小企業などで後継者が決まらぬ実態が報告された。別のデータでは、全国の事業承継支援機関への相談数が年々増加している状況もある。

 県も例外ではなく、県内経済団体の今年の新年会では事業承継への危機感を募らせるトップの言葉が相次いだ。課題解決へのセミナー、金融機関の支援なども以前より目立つ。

 前述のシンポでは、後継者候補と対話を重ねて引き継ぎを達成した例も語られた。受け継ぐ仕事、企業への働きがい、誇りがなければ後の責任は持ちにくいということだろう。

 県周辺では従業員が働きがいを感じられる経営を理論化し、業種を限らず活用可能にしようとのNPO法人などの動きも出てきた。成否は判然としないが、現状打開への一方策となるかもしれない。

 情熱を注いだ事物を理解し、引き継いでもらうのは何にせよ難しい。ただ、あきらめては地域や業界の先細りは免れない。(智)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

第5回全日本フルコンタクト空手道選手権大会の観戦券

昨年5月に開催された第一回国際フルコンタクト空手道選手権大会の決勝戦
提供元:全日本フルコンタクト空手道連盟
当選者数:10組20人
  • 12.8(土) 12.9(日)に開催 奈良マラソン2018
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報