国原譜

 やはり改元の年の幕開けだからなのか、新年の挨拶で会う人ごとに、今年の決意が感じとれる。雌伏の時から、飛躍の年になればうれしい。

 今年は選挙の年でもあるので、当事者の皆さんは厳しい表情を見せながらも、自信がうかがえる。統一地方選はあと3カ月だから、終盤の様相でもある。

 今の時期は小さな会合も多いので、こまめに歩いているようだ。それでも支援者から「もう引退したらどうか」と思われていても、高齢の現職は聞く耳をもたない人もいるという。

 たしかに高齢のベテラン議員は経験豊富だし知識も優れているが、時代の変化に本当に対応できるのかどうか。周囲が不安に思っていても、本人には分からない。

 話のなかで元号が変わることと、スマホに象徴されるAI時代に突入が多かった。単に「平成」という時代が終わるのではなく、生活が激変しそうな予感だ。

 そんな節目の選挙なので、若者に政治への関心を持ってほしいし、「世のため人のため」に仕事をしたいという気概を求めたい。元号だけでなく、若者に世の中を変えてもらいたい。(治)

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

お酒に合う一口揚げあられ

プレゼント写真
提供元:亀田製菓
当選者数:3人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報