国原譜

 県議会文教くらし委員会で、県立高校再編計画案が賛成多数で可決した。将来の生徒減を見据えたものだが、事実上、閉校となる平城の関係者が反対署名を県教委に提出するなど波紋が広がっている。

 競争倍率でも上位の人気校。跡地に奈良高が移転する不透明さもあり、平城関係者の県教委への不信感が根強い。

 具体的な校名を挙げた計画案発表から1カ月も満たず、拙速さも感じざるを得ない。委員会可決で計画は一歩進んだが、今後にしこりを残さないためにも県教委の誠実な対応が求められる。

 再編案自体への議論が深まったかも疑問だ。県教委は学校の特色化のため実学重視の方針を掲げているが、本当の子どもや保護者のニーズに応えているのか。

 平城、西の京、登美ケ丘を「県立国際」「県立大付属」に再編。高円を「県立芸術」に改称するなど、校名から地域名を無くすのも学校の特色を出したい姿勢の表れだろう。

 しかし、学校づくりには地域社会との連携も不可欠だ。合理的だが「味気ない」校名で地域住民の愛着は生まれるのか。学校の顔である校名は大事だ。(法)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

ウェブ限定記事

よく読まれている記事

  • 興福寺中金堂再建記念 現代「阿修羅」展 図録
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA
  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

絵本「ころべばいいのに」

プレゼント写真
提供元:ブロンズ新社
当選者数:2人
  • 奈良マラソン
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド
  • 奈良新聞社 採用情報