国原譜

 来春の県議会議員選挙を見据えて昨年10月に設置された同議会議員定数等検討委員会。議員定数や選挙区数のほか、いくつかの課題も論議してきた。

 これまでに4回の会合が開かれたが、ほぼ結論の方向は見えてきた感じだ。現行の定数44、16選挙区のままとし、定数1の選挙区「1人区」も現状維持となるか。

 そもそも地方選挙においては、議員定数や選挙区数などについて客観的・合理的な規定を求めることは難しい。議員自らで決めようとすれば、なおさらハードルが高くなる。

 定数削減などの「身を切る改革」の難しさを、議員自身も痛感しているようだ。ある県議は「有識者らによる外部の人たちで検討してもらう方がいいのでは」と漏らす。

 都道府県議会の中で、本県議会の議員定数は決して多くない。さらなる定数削減や1人区解消の試みに意義は認めても、政治的な思惑も絡んで決断は下しにくいだろう。

 とはいっても、香芝市と生駒郡の両選挙区での、人口が多い選挙区より人口が少ない選挙区の方が定数が多い逆転現象をどうするか。議員諸氏が奮闘すべき余地はまだある。(北)

 

▼ 記事の詳細は本紙をご覧ください

購読のお申し込み

よく読まれている記事

  • 日本のふるさと奈良 回帰展 皇室ゆかりの地を撮る! フォトコンテスト
  • 奈良遺産70 奈良新聞創刊70周年プロジェクト
  • Tour guide tabloid COOL NARA

  • 奈良の逸品 47CLUBに参加している奈良の商店や商品をご紹介

奈良新聞読者プレゼント

眼鏡拭きや脂取りに使えるマルチクロス

プレゼント写真
提供元:愛眼
当選者数:5人
  • 12.9(土) 12.10(日)に開催 奈良マラソン2017
  • 出版情報 出版物のご購入はこちらから
  • バナー広告のご案内
  • 奈良新聞シニアクラブ
  • 奈良新聞デジタル
  • ならリビング.com
  • 特選ホームページガイド